1.jpg

『私たちの想い』 

私たちの事務所は、建物を設計する上で以下のことを大切にしています。

“本質的な心地よい空間であること"

"その場所に馴染み、溶け込む建築であること"

長くその土地に存在する建築は、

完成したてのその一瞬を楽しむものでなく、

住まい手と共に美しく歳をとっていくような

変化を楽しめるものであってほしい。

時を経ても風化の美しい、

街の自慢になるような建物であって欲しいと考えています。

様々な建築条件、敷地条件、法規、構造、予算等はもちろんの事、

当たり前にあるようで、現代では置き去りになってしまっている、

光と陰影、素材の質感、自然の変化、敷地の湿度や空気を取入れながら

様々なクライアントの暮らしぶり、敷地環境を整理し

丁寧に読み解くことで豊かで伸びやかな建築を目指しています。